2009年04月23日

SES 金稼ぎ 転売 その3

今回はカードの転売について

カードも装備箇所ごとに分けるのがいいんだろうけど
グダグダになりそうなので、まとめて書いていきます


今までの収集品や装備などと同じで
需要と供給を知ることが第一なんだけど
カードはそれとは別に将来性を見出すことも大事です


とりあえず順を追って書いていくと
圧倒的に需要が高いものはGv、狩りでの汎用性の高いカードです
多分誰もがいくつか思い浮かぶと思います

それらは価値が広く認知されているので、大きな値崩れはおきませんが
新しい装備が実装されたときなどには値上がる傾向があるので
どんどん新装備が実装される今のROを考えると
数枚保持しておくには、ちょうどいいカード群といえます


では需要が低いカードの転売はどうでしょう
これらも転売は不可能ではありませんが、在庫はなるべく抱えずに
自分の価値観よりだいぶ安ければ買って、適価で販売するといいでしょう

一例を挙げるとホードカードなどはどうでしょうか
昔は養殖用に良く狩られてましたが、最近はもっと良いmobが居るので
カードの流通数も減ってきています

肩の地属性軽減と効果は微妙ですが
Gvに出る砂は矢の選択の一つとして地矢選ぶことがありますので
砂にしばしば落とされる事のある人が、試しに地肩を作ってみるかもしれません
しかし最近はあまり見るものではなく、安いものですので
過去の平均額の2,3倍くらいなら出す人も居るかもしれません
後は値段付け次第ですが、高いと思われない程度でおいしい価格を探り
地道に1枚ずつ売れば多少の儲けも出るでしょう

そういった商品を多く抱える事ができれば、着実に資産を増やすことができます



次は供給が過剰だったカード
過去の負の遺産で供給が過剰だった為、現在も安いカードはいくつもありますが
その中には有用なカードも少なくありません
過去のイメージから、大量にある為安いと思われてるカードを買占め
そのカードの現在の産出量と価値に見合った額で出すのも
小遣い稼ぎにはちょうどいいと思います


現在進行形で供給が過剰なカードは、捨て値で売ってあれば一応買ってみて
将来何らかの理由で高値になる夢を見ましょう


そして供給の少ないカードについて
これが一番面白い商品です

需要を測り、買占め、相場をいじり、売り抜けて、ひと財産
これにつきます

俺が最近取り扱ったのは河童カード
きっと来るであろうMDEF特化装備を見越して
MDEFアップカードの中から河童をチョイス
買占めてしばらく寝かしてから、装備実装で売りに出してじわじわ値上げ
結果2M近くでもコンスタントに売れる商品になりました



カードの価値はもう決まっていると思う人も多いかもしれませんが
まだまだ金脈は人知れず眠っています
うまく掘り当て、加工して、工夫して儲けましょう

次はカード挿し装備品について書く予定




もうこの時間だしいいかなぁと
http://www.ragnarokonline.jp/news/information/notice/item/12320


これが来る事を知ってから、手持ちの砂服の中から安く買った奴となにもさしてないのを売却






C賞のケツなので多分1M台まで下がるでしょう
いくらで買い戻すかで利益が変わるので頑張りたいところ
posted by アル中 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | RO-転売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117918146

この記事へのトラックバック